趣味と実益を兼ねた副業

   2021/08/21

今の世の中、動画制作や写真撮影についてはアマチュアであってもかなりのスキルを持っている方々が多いと思います。
しかしながら実際にプロとしてお金を得ていくためには非常に難しいのが現状です。プロダクションに加入していようが、フリーであろうが同じことです。

しかしながら、自分自身が動画制作や写真撮影で何らかの収入を得たいと考える場合、副業としてどのようなことができるか考えると様々なパターンがあります。

まず考えたいのがプロカメラマンのサポートによる副業です。
カルチャースクールやアルバイト求人などでプロカメラマンのサポートの求人が出ています。ある程度のスキルがあれば務まる場合もありますので、副業としては非常に有効だと思います。
なんといっても特定スキルを持っている副業として通常のアルバイトなどに比べると高い収入を得ることができるのが大きなメリットかもしれません。

将来的にスキルを伸ばして脱サラをして、カメラマンになりたいと考える場合などはこのようにプロカメラマンのサポートを行いながら、かつ勤め先を持ち保険をかけた上でスキルを伸ばすと言うのは考えられるパターンではないでしょうか。

実際に、プロカメラマンにとってもなかなか自分自身の専任のスタッフを抱えることが難しい以上、副業でも構わないのでスタッフがついてくれる事は非常にありがたいと考えるはず。
特に、企業から請け負った仕事の納期等が厳しい場合、それなりのスキルを持ったスタッフがついてくれれば非常にありがたいと考えるはずです。それだけにお金の面でもかなり優遇されると思いますので期待ができるかと思います。

実際にプロカメラマンのサポートをする中で普段はなかなか自分自身で触ることができない機材を利用することができたり、プロがカメラマンのテクニックを盗むことができたりと収入面だけではなく自分自身のスキルを伸ばすための非常に重要な機会を得ることができるのではないかと思います。

だからこそ、様々な求人、インターネットだけではなく地域のカルチャースクールの先生との交流などとも関連付け、自分自身にプラスになると思った副業の動画制作やカメラの仕事はウォッチしておく方が良いと思います。

様々なメディアで動画や静止画が盛んに使われる傾向にありますので今後も、商業カメラマンとして様々な受注があり、そこに伴ってフォローサポートを行う人材も必要になる事は間違いありません。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket